Bio

Tatsunori Hosoi

埼玉県出身、ニューヨーク在住のビデオアーティスト、フォトグラファー。

日本国内の大学でビジネス、心理学を勉強し卒業。2014年、ニューヨークへ移りSchool of Visual Artsにてビデオグラフ、フォトグラフを学ぶ。彼の作品は、「独特で不思議な感覚を与えるコンセプチュアルな作風がオーディエンスを異世界へと引き込む」と評される。

彼がビデオと写真を主な表現媒体に使う理由は、他の種類の媒体に比べ、単純に“迫真性”を視覚表現として明瞭かつ親密に説明できるためである。

子供の頃から、神秘的な物事に興味を持ち始める。様々な経験から生と死の世界の関係性に関心を寄せ、その架け橋となる彼の作り出す並行世界 “0.5”の世界の経験を観客と共有し、“存在”の自覚を導く作品を主に制作している。

Tatsunori Hosoi

Tatsunori Hosoi, a citizen of Japan, is a video photo artist based in New York City. 

He studied career design and psychology at University in Tokyo, and he is currently studying Photography and Video at School of Visual Arts in New York.

His artwork is specialized conceptual with the use of eerily visuals to give the audience the awareness of "existence", based on his interest from childhood in the spiritual correlation between the world of the living versus the world of the dead, which he calls the universe of "0.5".